2017年

6月

23日

メディア掲載

続きを読む

2017年

5月

22日

団地File08_解体工事

今回の工事もスケルトンにするところからのスタートです。

解体が終了してみると、改めて梁の存在が際立ちますね。

北面と東面には断熱材が入っていましたが、躯体に打ち込んであるのでところどころ断熱が途切れています。断熱材自体も薄いのですが、これでは断熱の意味がないので今回も外周部は断熱材を入れて施工予定です。 

浴室ですが、今回の現場は、団地の規約で浴室のタイル(厳密にはタイル下のモルタル)を剥がせませんでした。もともと広くない浴室なので、タイル+下地を剥がして少しでも広く浴室を設置しようと思っていましたが...あきらめるしかありません。防水層を傷つけることは問題だと思いますが、モルタルを剥がすことで何に影響があるのか?ましてや新設する浴室はユニットバスになるのにそこまでの規制が必要なのか?疑問が残ります。

 

建物が古くなっていく中、少しでも魅力ある部屋を提供する方法を考えていかなければいけないと考えますが、各建物によって管理の方法は様々だなと感じました。

続きを読む

2017年

5月

15日

OPEN ROOM

かねてより工事を進めてまいりました団地File07のOPEN ROOMを開催する運びとなりました。

以前のblogにも記載いたしましたが、今回のリノベーションのテーマは【団地Classic】です。

 

43年が経過し、成長した緑に囲まれたすすき野団地、遠くには丹沢の山々を望む住戸をリノベーションいたしました。団地特有の建築計画によって生み出される明るい部屋、心地よく室内に流れてくる風、緑のある眺望、長い時間をかけてつくられてきた住環境。そんな団地のよさを引き出す現在の間取や素材を選定し、過去から現在、そして未来へと時間を重ねる団地リノベーションプロジェクト【団地Classic】。新しくもどこか懐かしい団地ならではの落ち着いた住まいです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

開催日時:2017年5月20日(土)21日(日)27日(土)28日(日)

     11:00~17:00

住  所:横浜市青葉区すすき野3-3-2 すすき野団地14号棟502号室

     ☞地図

 

0 コメント

2017年

5月

01日

新事務所

事務所を移転しました!
〒105-0004 

東京都港区新橋6-18-2津田ビル2F

電話/FAX番号は変わりません!
※御成門駅から徒歩2分。

ビルの1階はメトロクスという輸入家具屋さんです。

0 コメント

2017年

4月

22日

団地File07_仕上工事

本日はタイル貼りを行いました。

 

今回、タイルは二色を使用しますがいずれも絶妙な色です。この深い色の感じはタイルでないと出ませんよね。。

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

17日

S様邸_ショールーム見学

本日は、お客様とキッチン、建材のショールーム見学に行ってきました。当然、カタログやカットサンプルでご説明はしていますが、実際の物を見て触れて確認していただくと後々の仕様決めのイメージもしやすくなります。

 

なによりお客様のテンションが上がるのが一番嬉しいです。

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

15日

団地File08_現地調査

団地File08のスタートです。

今回のプロジェクトは、今後、団地再生事業協同組合がご提案する「ダンチお預かりValue Upシステム」の第1弾となります。

このシステムは、一定期間当組合で物件をお預かりし、企画、設計、施工を行い、価値を向上させた上で販売をいたします。物件を販売した金額から業務委託費用をいただくスキームになります。当然、売主様の負担はありません。しかも、売主様の仲介手数料不要!!

また、一定期間が経過しても買主が見つからない場合は、当組合で買取保証を付けさせていただきます。

 

 

 

よって、以下のような考えを持ちの団地オーナー様には朗報です。

・団地を売りたいと考えているが現状のままで売れるか心配な方

・売るための費用を極力おさえたいと考えている方

・今後の団地(地域)をお考えの方

 ~団地の価値を向上させて新しい居住者を迎えることで団地(地域)が活性化することを望んでいる方~

・・・

システムの詳しい内容は☞こちら

 

で、物件ですが、いつものようにまずは建築家、解体業者さんと現地調査です。主に、解体可能な部分の確認と配管ルートの確認を行います。通常の団地では5階建ての壁構造が多いですが、今回の物件は敷地の高低差が大きい為、2.5階からのアプローチで、7階建てのラーメン構造です。写真でわかる通り、玄関ホールの天井に大きな梁が通っていますね。建築家の手によりどのように料理されていくか楽しみです。

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

05日

団地さくら2017

関東では3月末に桜の開花が発表されましたが、その後は寒さが逆戻りし、咲くスピードも弱まった感じでしたね。その分長く楽しめて良いのですが...ようやくわが団地の桜も満開に近づきました。

 

いつもは、ついつい下を向いて通う道ですが、この時期は上を向いて歩くので朝から気持ちも上がります(^^

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

03日

団地File07_下地工事

工程は少し遅れていますが、建具の枠が入り壁の下地工事を行っています。

 

あとは天井に断熱材を入れパネルを貼ればいよいよ仕上げ工事に入ります。

0 コメント

2017年

3月

28日

団地File07_現場打合せ

本日は、現場打合せを行いました。

リノベーションの場合、新築とは違い、図面の指示だけではおさまらない部分が数多くでてきます。

そのため定期的に現場で確認作業を行います。仕上がってみると見逃してしまいそうな仕上げでも現場では大変な苦労を重ねておさめています。日々、現場を進めていただいている皆様に感謝です。。

 

来月のオープンハウスの際に是非ご確認下さい!

 

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

24日

団地File07_浴室施工

本日は、浴室の施工を行いました。

今のマンションでは浴室はユニットバスが標準ですが、古い団地のほとんどは在来工法で施工されています。その為、古くなると防水層や配管の劣化による漏水の可能性が高くなります。

よって、我々がリノベーションを行う際は、極力、ユニットバスへの変更を行うようにしています。限られたスペースにユニットを組むため広さに限りはありますが、漏水の心配やメンテナンス性を考慮すると最善と考えています。

設備は最新に、建物と内装デザインはクラシカルに!

ずばり、今回のテーマは”団地クラシック

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

20日

団地File07_着工

団地の改修工事が本格的に着工いたしました。

まずは、隠れる部分の配管、配線を行いその後床上げを行います。集合住宅では床に遮音等級が求められますので、今回は床上げの際の支持脚材とパーティクルボードで遮音等級を確保しています。

また、今回の物件は最上階ですので、天井にも断熱材を施工します。もともと打ち込みで断熱材が入っていますが、間仕切り位置が変更になるのとより性能を上げる目的で施工を行います。天井は少し下がりますが、ここは性能重視で。特に、夏の屋上からの熱気を抑える効果が期待できます。

あとは建築家の腕の見せ所ですね。。

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

21日

耐震診断

本日は、築40年以上のビルの耐震診断を行いました。

お客様の要望は、可能であればリノベーションをして住み続けたいとの事でしたが、古い建物なので、まず耐震性を確認し、耐震補強が必要であれば予算を算出する事と、耐震補強を行っても希望する間取りが確保できるか検討する事をご提案いたしました。

 

今後、このような案件が増えてくことが考えられますが、ますます様々な状況に対しての対応力が求められますね。

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

14日

おわり、はじまり。。

本日は、先日下見を行った老舗お団子屋さんの古材の発掘を行いました。

建材としてまたは装飾品として消費期限を終えたものと、まだまだこれから生まれ変わる可能性があるものを選別し、引取らせていただきました。

特に建材を解体する際は、昔の大工さんの細かく丁寧な仕事ぶりに感心しながら解体させていただきました。これらの商材が活躍する現場が今から楽しみです。

今回は、お忙しい時期にご協力いただきました羽二重団子さんに御礼申し上げます。

新しいお店も楽しみにしております。

有難うございました。

 

羽二重団子さん

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

19日

廃材?お宝??

本日は、老舗お団子屋さんの建て替えに伴う解体前に、今後、建材やコーディネートで利用可能な

装飾品のお宝を探しに行ってきました。

我々は、新しいもの(最先端の設備や素材)と古いもの(建物自体や建具など)を融合させたデザインのリノベーションを手掛けていますが、そこに、このような本物の古材を使用することにより、より深みのある空間を提供できると考えています。今後も解体現場で再利用可能な商材については、専門の目利きにより選別した商材としてストックしていこうと考えています。

 

羽二重団子さん

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

15日

団地File07_解体工事

解体作業が終了しました。

特に古いリノベーションの場合、給排水の経路や躯体壁の位置がプランに大きく影響するため、プランニングの前に解体出来ることが望ましいです。

今回は、同団地のリノベーションが2度目になるので、ある程度想定できる内容のもとプランニングと

コンセプトの作成を進めています。

 

同じ団地でも仕上げ下地の精度はまちまちですね。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

06日

団地File07_現地調査

少し時間が開きましたが、団地シリーズの第7弾がスタートします。

今回の案件は、我々の活動に賛同いただいた方から譲り受けた物件です。

貴重なご縁をいただきましたので、大切に育てていきたいです。。

 

まずは現地調査から。

洗面、トイレ、和室は数年前にリフォーム済みで、部屋全体は綺麗にお使いのお部屋です。

ただし、古くなった設備機器や建築当時に近い間取りでは新たな住まい手探しには不向きなため、今回もスケルトンリノベーションにてプランを進めることになりました。

 

最上階で隣棟間隔も広いため遠くの山並みが見渡せます。本日は富士山も頭をのぞかせていました。。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

05日

本日仕事始め。本年も宜しくお願いいたします。

0 コメント

2016年

12月

31日

今年もお世話になりました。皆さま、どうぞ良い新年をお迎えください!

0 コメント

2016年

10月

19日

第13回 団地再生シンポジウム

今年も団地再生シンポジウムが開催されます。

13回目になる今回は、海外の団地再生事情も交え、日本での取組みと比較しながら、サスティナブルな団地とその周辺のまちづくりを考えます。

当日は当社代表の金丸もパネリストとして登壇いたします。


日時:2016年11月15日(火)14:00~17:30
会場:東京ガス本社 大会議室(定員180名)

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

団地再生支援協会ホームページ

0 コメント

2016年

9月

09日

キックオフミーティング

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

17日

H様邸 タイル工事

今回の現場で、塗装の他にもう一つのメインとなるがタイル工事です。

 

壁・天井と同じ白色のタイルですが、目地のグレーが良いアクセントとなって部屋の雰囲気が一変します。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

02日

新しい仕組みの開発

弊社金丸が代表を務める団地再生事業協同組合が、国土交通省『良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業』において事業者採択されました。
これは、住宅の質の維持向上が、市場において適正に評価されるよう、建設・不動産・鑑定・検査・金融の事業者が、業界の垣根を超えて一体的な仕組みの開発・普及を図るものです。
今 の日本の住宅建物の不動産評価は、経年や取引実績に依存するところが大きいですが、これからは建物そのものの状態をきちんと不動産価値として評価していこ う、という取組みです。具体的には、『この家をちゃんとメンテナンスして大事に住んでくれたら、20年後も60%の残価設定をした住宅ローンが使えます よ。』みたいな、新しい仕組みによる金融商品を、それぞれの地域やカテゴリーで開発していきます。今回は北海道から沖縄県まで、全国39の事業者が採択されました。私たちも東京代表のプロデューサーとして、良質な既存住宅が適正に評価され、長く維持向上が図られる環境づくりのお手伝いをしていきたいと思っています。

※全国の採択事業者 http://www.mlit.go.jp/common/001139011.pdf

 

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

01日

H様邸 古材足場板の行方

 今回の工事のメインともいえるリビング収納の造作工事を行ました。ここで使用されているのが古材の足場板です。お客様の要望で、新品ではなく使い古された材料が必要でした。

古材の板を集めて組むことも可能だと思いますが、このような大きな収納となると、まとまった量の材料が必要となりそろえるのが難しです。また、新品の材料にアンティークの塗装を施す方法もありますが、質感とコストの面で問題が出てきます。そこで、今回は強度的にも問題のない足場板を使用することになりました。

 

新品の商材にはない、古材の良さを求める方増えてきてますね~

0 コメント

2016年

7月

29日

H様邸 設備工事

 先週、今週と設備機器の施工を行いました。今回は、お客様のこだわりによりタカラのホーロー浴槽をおさめる事となりました。本来、ユニットバスは最初に施工を済ませたいところですが、現場解体後に採寸し発注となる為、この段階での工事となりました。

設備機器が入ると生活のイメージが沸いてきますね。。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

28日

H様邸 仕上工事

いよいよ仕上げ作業に入ります。

本日は、お施主様に壁・天井のメインの仕上げとなる塗装の確認をしていただきました。

この段階で仕上げの状態をご確認いただき、補修したのち最終の仕上げに入ります。 

また、リビングの造作壁面収納の形状も合せてご確認いただきました。6mを超える迫力ある収納の完成が楽しみです。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

22日

H様邸 間仕切り工事

現場で墨出しの確認をしていただいたものをベースに間仕切りをたてていきます。

 

先に下地を立ててから、壁の中に配線を通します。配線が終わったら石膏ボードで壁を作っていきます。エアコンや棚を設置する予定の場所には下地を入れ、外部に面する部分には断熱材を入れます。これで大方、仕上の下地は完成します。ここからは一気に仕上げ作業に入ります。

最後の写真は古材の足場板ですが、何に使用するのでしょうか??

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

07日

H様邸 墨出し確認

解体後は床上げを行います。

床下に隠れてしまう電気の配線や設備配管は事前に済ませておきます。

 

床上げが終了したら墨出しを行いお客様と共に現場で確認を行います。設計平面図を現場に落とし込む作業です。図面の数字でしか確認できなかった広さや納まりを確認していただきます。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

05日

青山リノベーションスタジオ

インテリックス様とのマンションリノベーション事業も、プロデュースから1年が経過しました。不動産購入から建築家によるプランニング・工事・保証までワンストップでお応えしています。気軽に建築家へ相談したいお客様にはおススメです。

http://www.intellex.co.jp/works/

0 コメント

2016年

6月

30日

H様邸 現場着工

マンションのフルリノベーションの現場が着工しました。

 

まずは内装を解体してスケルトンの状態に。この時点で、設計段階で確認できなかった設備配管の経路や梁・柱のサイズの現場確認を行います。プランに支障がありそうな個所は、あらかじめお客様に説明し対処方法も検討しておきます。ここで検討に時間がかかると工期と予算に大きく影響してしまいます。

続きを読む 0 コメント